活動一覧

重要無形文化財伝承者養成研修会


昨年2018年11月6日から11月11日の六日間、

本年2019年同日、二年間にわたり

重要無形文化財「無名異焼」伝承者養成研修会が開催されました。


 

 

 

日本工芸会では、毎年1人から2人の重要無形文化財、いわゆる

人間国宝の先生に、伝統技術を若手会員へ伝承する

研修会を行っております。


今回ご担当されましたのは新潟県佐渡市の重要無形文化財「無名異焼」

伊藤赤水先生です。





一年次の研修の様子。

参加者は正会員準会員含めて5名、

北海道から東海、近畿、九州まで幅広い地域からの参加がありました。





伊藤赤水先生の作品館。

江戸時代から続く焼き物の歴史にも触れました。



佐渡金山の副産物として、佐渡のやきものである「無名異焼」が

生まれた、という歴史もあったようです。



金山脇にある、原料の採れる洞窟。


二年次の研修の様子。手前が伊藤先生。

 

 


練り上げ技法で作られた作品(一年次)

乾燥で割れることも多く、難しい技法でした。



この研修事業は特別展示「わざを伝える」文化財保存事業報告といたしまして
日本伝統工芸展の各会場でDVD上映がされております。

今回の様子は2020年度の日本伝統工芸展会場にて上映予定です。

ぜひ会場でご覧ください。




今回HP担当者も参加させていただきました。

本部事務局さまより掲載許可を頂きましたので、HPに載せさせていただきます。

伊藤先生、アシスタントの先生方には大変お世話になりました。

人間国宝の先生の技法を間近で見ることが出来、

体験させていただく機会を得ることが出来ましたこと

大変貴重な時間となりました。

誠にありがとうございました。





2019年11月30日

こども工芸講座のご報告

今夏に開催されたこども工芸講座の事業報告が届きました。

 

2019年8月25日と9月8日に

愛知県陶磁美術館にて「こども工芸講座」を開催いたしました。


今年は19組の小中学生の親子さんにご参加いただきました。

こども工芸講座初日の午前中は、愛知県陶磁美術館で開催中の「陶工・河井寛次郎展」と

常設展にて展示されていた抹茶碗を中心に鑑賞しました。

参加した子どもたちは、これからつくる抹茶碗の造形や文様を展示品や敷地内の自然を観察したり、

スケッチしながら考えました。

 

 

 

こども達は、午前中考えた図案をもとに、それぞれこだわりながら粘土と悪戦苦闘していました。
特に漆で加飾をする部分を滑らかにし、文様を想像しながら一生懸命に制作していました。
茶碗の焼き上がりは、内側に釉薬を掛けましたが、漆で描く部分は無釉にして焼しめました。

 

 

 

9月8日には、赤色と黒色の2種類の漆をつかって描きました。

ほとんどの子供たちは、初めて漆を筆に含ませて描きますので熱心に取り組んでくれました。

夢中になって制作していましたので、数名の子供さんに漆がついてしまいましたが

適切な処置をして大事に至りませんでした。

漆独特なにおいや漆の特徴を理解しながら、初めての体験に満足した面持ちで終えることができました。

 

 

 

そして皆さんの力作を日本伝統工芸展 名古屋展の会場にて作品を展示しました。
さらに10月5日(土)に制作した器を使用して、お茶会を開催しました。
お茶会当日には、自分の作品でお菓子と抹茶をいただく初めての体験に
満足気なこども達の笑顔であふれていました。
“次回の企画があったら参加したい“と言ってくれたご家族もいました。


 

 

 

企画・運営から細やかな数々のご配慮をいただきました愛知県陶磁美術館の皆様には、

この場を借りてお礼申しあげます。ありがとうございました。

 

 

講師 岩渕寛 入澤聖明(愛知県陶磁美術館)

鵜飼敏伸 若林雅子 川口清三

明石朋実 佐藤文子 武二香 宮下陽(日本工芸会東海支部) 

 

2019年11月14日

岐阜県伝統文化継承者表彰に鈴木健氏


長年にわたり伝統文化の振興や保存に努めた人をたたえる

岐阜県伝統文化継承者表彰の授与式が行われ、

日本工芸会東海支部 正会員の鈴木健氏が受賞されました。

2019年11月3日文化の日に、岐阜県美術館の会場で

古田岐阜県知事から表彰されました。

大変おめでとうございます。

(記事は中日新聞岐阜版、鈴木さんのFBより)






また、時期がずれてしまいましたが、

岐阜市芸術文化奨励賞を、日本工芸会東海支部正会員の酒井紫羊氏が

受賞されました。

2019年3月5日、岐阜市グランヴェール岐山にて

柴橋岐阜市長から表彰を受けられました。

こちらも併せておめでとうございました。






2019年11月13日

参与 土屋順紀氏が東海テレビ文化賞を受賞されました。

東海テレビから、多岐にわたり、社会、文化、学術、産業などの分野で

著しい功績を挙げた個人や団体に贈る「東海テレビ文化賞」の受賞者が発表され

日本工芸会参与 土屋順紀氏が受賞されました。

顕彰式は、11月12日、東海テレビ本社にて行われる予定です。

土屋先生おめでとうございました。


詳しく情報がでましたら追って、ご報告いたします。

 

2019年10月25日

活動報告ー伝統工芸特別授業

秋に開催されました東海支部のワークショップ

「こども鑑賞授業」の様子をご報告致します。

 

 

 

「こども鑑賞事業」とは、

(公社)日本工芸会東海支部では、日本伝統工芸展名古屋展の付帯事業として、文化庁の委
託を受け 「こども鑑賞事業」 と銘打ち、青少年に伝統工芸の魅力を伝え、工芸に対する興味・
関心を啓発することを目的として、ワークショップや出張授業を行っています。


「伝統工芸特別授業」
こども鑑賞事業の一環として、下記の内容で木工芸の出張授業を行いました。

 場所  津島市立高台寺小学校
 日時  令和1年9月10日(火)5・6時間目
 対象  5年生(5時間目)・6年生(6時間目)
 内容  「木工芸に触れる」
      ◇ビデオで木工芸の制作工程を鑑賞する
      ◇木工芸の作品を鑑賞する
      ◇カンナ削りを体験する
 講師  川口清三 鵜飼敏伸   


 

授業では、最初に木工芸について簡単に説明した後、

日本工芸会東海支部で制作した木工芸の制作工程のビデオと木工作品を鑑賞しました。

伝統工芸展に出品した作品と、作品制作の為に作ったマケット(原寸大のモデル)を展示し、

マケットは手に取って触れてもらいました。

各自、自由に鑑賞する間に、1人ずつ実際にカンナを使ってヒノキの板を削りました。

ほとんどの児童はカンナで木を削った経験が無かったので、

カンナから削りクズが出てくることに興奮していました。

削ったカンナクズからはとても良い香りがして、喜んで持ち帰る児童がたくさんいました。

 

 



2019年10月20日

日本伝統工芸展 名古屋展終了しました。

 

日本伝統工芸展 名古屋展、無事に閉場いたしました。

終了時刻の間際まで、多くのお客様にご覧いただき

誠にありがとうございました。


最後に、会場風景をご紹介させていただきます。



陶芸部会の様子。


陶芸部会は東京展と名古屋展だけ、全ての作品が並びます。


 

染織部会の様子。

 

木竹工部会の様子。

 

漆芸部会の様子。


人形部会の様子。


金工部会の様子。


諸工芸部会の様子。

以上、7部門の会場風景でした。


そして。。。



東海支部の 東海支部の作家たちの手により、搬出作業が行われました。


全ての作品が梱包され、無事に次の会場へと旅立っていきました。

明日からは日本伝統工芸展の京都展がはじまります。

 

その後、全国各地へ巡回してまいります。

お近くにお越しの際は、ぜひご高覧下さいませ。




2019年10月08日

日本伝統工芸展 名古屋展②


日本伝統工芸展 名古屋展が名古屋栄三越にて開催中です。

会期も明日一日を残すところとなりました。





こちらは陶芸部会の鑑・審査、および

無形文化財保持者(人間国宝)の作品展示です。

会場内には厳正な審査によって選ばれた工芸作品が

420点あまり展示されております。


今回は会期中に行われたイベントのご紹介です。

日本伝統工芸展では会期中毎日、午前11時からと午後14時からの二回、

会場内で列品解説(ギャラリートーク)を行っています。


写真は10月5日、最高賞を受賞された

望月集氏をまじえての鈴木徹氏による解説風景です。

受賞作家の考えや思いを直に聞くことのできる

貴重な機会となりました。




つづきまして、こども鑑賞事業の様子。

会場内の作品鑑賞と陶芸作家梅本孝征氏による工芸技術の伝承講座が

地元学生に開講されました。

(こちらの講座は事前申し込みが必要となっております)

 




「わざをつたえる」展示コーナー。

無形文課税保持者(人間国宝)の先生方による、

若手作家への技術伝承研修事業が、毎年各地で行われております。

こちらでは無形文化財保持者研修の様子を撮影したDVD上映と、

研修生作品、作業道具などが展示されています



また、初日には東海支部による表彰式・懇親会が

名古屋栄三越 東洋軒にて行われました。

東海支部からは、受賞者一名、正会員認定者2名、

初入選者3名がそれぞれ表彰されました。


 

日本伝統工芸展名古屋展は明日までの開催です。

どうぞご高覧下さい。




2019年10月06日

日本伝統工芸展 名古屋展開催です。


昨日まで東京の日本橋三越で開催されておりました

日本伝統工芸展が、明日10月2日より

名古屋三越栄店7階催物会場にて開催いたします。



重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作と

一般公募作品より厳正な審査を経て選ばれた作品が

一堂に会します。

ぜひご高覧下さいますよう、お願い申し上げます。



さて、本日は作品搬入を行いました。

東京会場から運ばれた数百点の作品たちは、

この名古屋展では、東海支部の会員たちの手によって

展示作業が行われます。

これから一週間、全国各地から寄せられた

工芸作品たちが名古屋に集結しております。

(会場搬入作業の様子)



日本伝統工芸展 名古屋展

名古屋栄三越 7階催物会場

2019.10.02(水)~10.07(月)

(最終日は午後6時閉場)

2019年10月01日

日本伝統工芸展 東京会場


令和元年9月18日から、第66回日本伝統工芸展がはじまりました。


会場となっている三越日本橋本店は晴天でした。




無形文化財保持者の先生方の作品コーナーは

写真撮影可能エリアとなっておりました。




東海支部からは、染織部会の神谷あかねさんの作品

 

生絹着物「海の中のできごと」が朝日新聞社賞を受賞されました。


今回の受賞作は、染織を学んだ沖縄の海をテーマに表現した作品とのこと。


とても清涼感のある美しい作品でした。


ぜひ会場でご高覧いただけますと幸いです。

 





第66回日本伝統工芸展は、9月30日まで、日本橋三越本店で開催しています。

 

その後、10月2日からは名古屋三越栄店に巡回します。




2019年09月22日

日本伝統工芸展はじまりました。



本日より、日本橋三越本店におきまして、日本伝統工芸展がはじまりました。

陶芸、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸7部門の重要無形文化財保持者(人間国宝)の最新作と

一般公募作品より厳正な審査を経て選ばれた入選作品約600点を一堂に展覧いたします。

ぜひご高覧賜りますようお願い申し上げます。

2019年09月18日